HOME>トピックス>導入のメリットと従来広告との宣伝効果比較

目次

サイネージの基本情報

デジタルサイネージとは、近年急激に増加している電光掲示板を利用した広告や宣伝看板です。スタンドアロン型やネットワーク型、タッチパネルなどを活用したインタラクティブ型など種類も増えており、更に広がりを見せているジャンルと言えます。導入コストはディスプレイなどの機器と映像コンテンツ、システム構築費や保守費などがかかりますが、レンタルなども登場しており、リーズナブルに効果的な広告が可能となっています。従来は巨大なディスプレイしかなく汎用性がありませんでしたが、近年小型化したことで設置場所を選ばなくなり、広く普及を見ています。

従来看板広告との違い

デジタルサイネージと従来の看板広告との決定的な違いは、その明るさです。全面が鮮やかに発光するため、暗い場所や夜の時間帯でも広告の視認性が格段に向上し、店舗の看板としても業種問わず広く活用することが可能です。小型化したことでポスターとしての活用法も生まれ、紙媒体では劣化が激しい場所でも常に美しい状態で情報を伝えられるようになりました。映像コンテンツは紙媒体では不可能な訴求力を持ち、貼り返ることなく常に最新情報を表示できるため、陳腐化させずに運営し続けることができます。コンテンツは専門の制作会社に依頼すれば、動画1本数万円程度の相場で制作が可能です。初めての導入ならスタンドアロン型がリーズナブルで手軽でしょう。